• トップページ
  • パワーサプライ事業
  • ソリューション事業
  • お問い合わせ
  • HOME
  • コラム
  • 太陽光パネルはメンテナンス不要?油断すると電気事故に…

太陽光パネルはメンテナンス不要?油断すると電気事故に…

太陽光パネルは本当にメンテナンス不要?

メリットばかりが注目される太陽光パネルですが、
長期間の太陽光発電に、メンテナンスは必ず必要です。
メンテナンスは問題点を改善する、修理するという
部分だけではなく、問題があるのか無いのかを
確認するという点でも非常に大切なので、
たとえ太陽光パネルに異常がなかったとしても
メンテナンスで問題が発覚することも十分にあり得るのです。
そのため、定期的にメンテナンスを行うということは
太陽光パネルを長持ちさせる上では必要不可欠な行為と言えるでしょう。

メンテナンスではどのようなことをするのか

太陽光パネルのメンテナンスはまず、発電量の確認から始まります。
発電量とは日照時間やガラスの透明具合、汚れの付着の程度によっても
変化するので、
まずはこれらが正常に動いているかを確認する作業を進めます。
しかし表面が高温になり過ぎてしまうと、
逆に太陽光パネルが作動しなくなるケースもあるので、
角度にも注意して調整していく必要性があります。
そして劣化やサビの問題もあります。
メンテナンス不要と言われる太陽光パネルですが、
どれほど優れた魅力的な製品であっても、劣化は防ぎようがありません。
なのでメンテナンスは定期的に必要となってくるのです。
しかしメンテナンスをせずに放置していると
最終的には電気事故などのトラブルに発展する可能性もあります。
また太陽光パネルの一部分が劣化して発火する事故や、
その他の電気事故につながるケースも多いので、注意が必要です。
身近なところで電気事故につながりやすいのが、
雨の日に起こりやすい漏電です。
降雨時は太陽光パネルの発電はできませんが、
この裏に水が溜まると漏電や感電などの事故を起こす可能性があるので、
定期的にメンテナンスを行うことをお勧めします。


一覧に戻る»