• トップページ
  • パワーサプライ事業
  • ソリューション事業
  • お問い合わせ
  • HOME
  • コラム
  • 類似事故防止の為に事故事例から学ぶ

類似事故防止の為に事故事例から学ぶ

電気事故の事例を知ることで事故を防止できる

電気事故は非常に怖いもので、最悪のケースだと死に至ることもあります。
そんな事態にならないためには、どんな事例があるのかを学んで事故防止に努めるようにしてください。
まずは電化製品が原因で起こる電気事故について紹介します。
長年使用していた空調機器が劣化していたため、発火してしまったという例があります。
また、コンセントを差しっぱなしにしていて、
そこに埃が溜まることで発火するということもあるでしょう。
埃が原因のことばかりでなく、劣化が原因で事故が起こることもありますから注意が必要です。
それ以外には太陽光パネル絡みの事故もあります。
今特に注目されているエコ発電で知られる太陽光パネルですが、これはメンテナンスが欠かせません。
そうでないと発電量が少なくなることもありますし、発火することすらあるそうです。
メンテナンスをする際には屋根にのぼることになるでしょうから、
業者にメンテナンスを依頼しても良いでしょう。
そうするときちんと作業をしてくれて、発電量も安定しますし、太陽光パネルも長持ちするでしょう。
一般市民にとって電気事故というのは縁遠いものかもしれません。
ただ電化製品や太陽光パネルのような身近なものが原因になっているのを知ると、怖さを感じるでしょう。

事故防止することはとても大切

誰もが電気に関わって生活をしています。
電気は一見我々の味方ではあるのですが、
使用方法を誤ったり、メンテナンスを怠ったりすると電気事故が起こります。
ペットが原因で発生する事故事例も多数あるでしょう。

電源コードを噛むなどの行為のせいで、家事になってしまうこともあります。
ペットの命も危険ですし、他人にも迷惑をかけることになるかもしれません。
コードにはカバーを付けるなどといった防止対策をするのもおすすめです。
ペットが関わるこういった事故事例は毎年数十件と発生しています。
他にも電気事故はたくさん起きていて、ほとんどの場合は、
しっかりとした知識をもって防止に勤めていれば防げるものばかりなので、
電気事故の事例を勉強して今後意識するようにしましょう。
そうすることで類似の電気事故を防止することができるでしょうし、
人命やペットの命も守ることができるはずです。
電気はある意味恐ろしいものだという意識を持つようにしてください。


一覧に戻る»